Wordpressカスタマイズ日記 > インストール > 再度WordPressをルートで表示させる
インストール

再度WordPressをルートで表示させる

一個使っていないドメイン、kajiwarakoumuten.comに別スタイルの

ホームページを移植する事にしました。

その際には、MySQLのインストール、Wordpressのインストール、

各種プラグインのインストール、ルート表示という手順が必要です。

難関はMySQLのデータベース名、ユーザー、パスワードの一致が

うまく行くかと言う事と、ルート表示でPHPファイルの書き換えが

正しくできるか。(UNIXでちゃんと読めるようになるか。)

という問題が有ります。

PHP構文の中に目に見えないゴミがあって、以前大分苦労した事が有ります。

そのときにはバイナリエディターを使ってゴミを探しました。

1 MySQLのインストール

ウェブサーバーにMySQLのインストールのためカラのディレクトリを作り

MySQLのインストール。

1ディレクトリに1データベースと思っていたのですが

再利用可能でしたので、以前使用したデータベースを使用。

2 手順を変えて、先にWordpressを先にインストール。

このルート表示でしばらく引っかかり、

自分が以前書いたブログ記事を参照にやり直したのですが

どうしても成功せず、調べ直したところ、

自分の書いた記事に表記ミスが見つかって、その部分が失敗の原因だと

分かりましたので、過去の記事も直しました。

正解は、

require(’./wp-blog-header.php’);を

require(’./wp/wp-blog-header.php’);

と単純に一個下の階層と表示すれば良かったという事でした。

ごく簡単な事に戸惑っていました。

3 必要なプラグインをインストール。

一番必要なものは、バックアップですね。

WordPressはたくさんのプラグインと、使いかたによっては

データの移植がやりやすいですので(インポート、イクスポート)

これからも使い続けて行きたいと思います。

フリーのブログサイトでは当たり前の事ですが、

ホームページ作成ソフトでは出来ない事にテンプレートの交換です。

こちらの点も優れていると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Wordpress

About 1q3

ブログの表示表示方式をいろいろ探してWordpressにたどり着きました。自分の苦労した経緯を紹介しますのですこしでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月3日日曜日 12:32:56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)