Wordpressカスタマイズ日記 > ホームページ作成アプリ > ホームページの容量が200メガになったときには
ホームページ作成アプリ

ホームページの容量が200メガになったときには

当社では複数のサイト(ホームページ)を持っていますが、

そのうちのひとつのサイトが大変重いので容量を調べてみると200メガ超ある事が分かりました。

読み込みも大変重くて訪問者の方に負担がかかっているのでは。

と考えられます。そのため更新のときもなかなか同期しません。

ホームページ作成ソフトの仕様のためだと思います。

可逆性(HP、ローカルPCどちらかのデータが消えても復旧が出来る)が無いのも困ります。

そこで構成を考える事にしました。

ブログ形式にしたほうが、更新も簡単だし、訪問する方にとっても

ほしい情報がタグとカテゴリーで簡単に見つけられるのではないかと思います。

しかし、そのためにはブログシステムのインストールと設定という

課題がありますので、私としては悩むところです。

ちょっと考えどころです。第一位にWordpressを候補に考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログとホームページの違い
  HP ブログ
更新方法 アプリケーション(DW,HPビルダー)のFTP機能で行う ブラウザ上か、ブログライターで行う
更新が簡単か 都度アプリケーションを立ち上げる必要がある。 テキストと画像サイズを指定するのみ
面倒な点 アプリの操作知識が必要 ブログライターを使う場合はエンドポイント(XMLRPC)のURLとブログシステム名を知る必要がある
デザイン性 自由度は豊富だが反面編集が大変。テンプレート使用時でも再調整が必要。 編集の自由度は少ないが、自分の好みにあったテンプレートを選択できる。
Web パーミッションの知識が必要 ワードプレス、MTを使う場合はそれなりの知識が必要
訪問者にとって記事の見やすさ Hp内検索機能があればほしい情報が得られるが連続してみるのがむずかしい。作成者の作り方によって異なる。 カテゴリー、タグ機能でほしい情報の記事を連続してみる事が出来る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Wordpress

About 1q3

ブログの表示表示方式をいろいろ探してWordpressにたどり着きました。自分の苦労した経緯を紹介しますのですこしでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月3日日曜日 05:05:27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)