Wordpressカスタマイズ日記 > Wordpress本体 > 二つの無料サイトのセットアップの違いで戸惑った事では
Wordpress本体

二つの無料サイトのセットアップの違いで戸惑った事では

TOYPARKと@Pagesという二つの無料サイトに登録してみました。まず、TOYPARKから。

現在のWordpressの最新バージョンは3.5ですので、そのままインストールするとエラーになりました。

「サーバーの PHP バージョンは 5.1.6 ですが WordPress 3.5 は 5.2.4 以上のみでご利用になれます。」

というWordpressの表示でした。

つまり、最新版のWordpressには対応していませんので、PHP5.1.6にはWordpress3.1相当と

考えて、一旦アップロードしたver3.5を全消去してから

旧バージョンのWordpressを探してインストールしました。

データのアップロードはTOYPARKで用意しているブラウザ経由のツールでもいいのですが、

最後にルートでURLを表示させる作業がありますから、

どうしてもphpファイルのコピーをする部分がありますが、それがうまくいきませんでしたので

手順を戻して、FileZillaのFTP接続でアップロードを繰り返しました。

ファイルの差分が残っているかどうかの確認、アップロード、削除などの繰り返し作業は

ブロバイダーが用意しているツールでは少し辛いと思います。

ルートから一階層下にWordpressをインストールしましたから、

今度は、見かけ上ルートに表示されるように作業をします。

ダッシュボード/一般/一般設定でWordpressのURLを実際のURLに。

サイトのURLを表示したいURLに直しました。

このとき自分は、念のためすぐに保存しないようにしています。

FTPでもつないでいますので間違ったらすぐに訂正できますが、

一旦ブラウザ上で変更してしまうと、サイトのファイルが書き変わった時に

関連性のあるファイルも書き変わってしまうことがあるかもしれないとの用心です。

先にルート直下のindex.phpを書き替えて、つぎに一般設定を直します。

デフォルトのテーマから好きなテーマに取り替えたところ白紙になりました。

ver3.1はテーマにも対応していなかったのです。

Òそのほかいろいろなプラグインがバージョン違いで対応していないことがありました。

フリーですのでやむを得ません。

@PAGESではブラウザ上でビジュアル的なアップロード用のツールではないものの

シンプルですので私にとっては見やすく助かりました。

同様の手順でセットアップして行きましたが、こちらはプラグインのエラー数が

TOYPARKに比べて少なかったのでPHPのバージョンが進んでいるのでしょう。

PHPのバージョンが古くてWordpressも古いものにあわせなければならず、

それにつれて、プラグイン、テーマも制限される事になりました。

フリーとはいえ代償が広告表示ですのでもうすこし検討してもいいかなと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Wordpress

 

 

ÒÒ

About 1q3

ブログの表示表示方式をいろいろ探してWordpressにたどり着きました。自分の苦労した経緯を紹介しますのですこしでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月3日日曜日 14:55:54

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)