Wordpressカスタマイズ日記 > Arras Theme > Arras Themeの脆弱性とは
Arras Theme

Arras Themeの脆弱性とは

隣エリアが(当方のことも含めて)脆弱性を突かれて攻撃を受ける可能性

または、踏み台に利用され、もしくは利用されつつあるということで

WebServer管理会社側から指摘を受けて、データの全削除を求められ

それに応じてから、サイトの再構築とデータの再アップロードの最中です。

現在私が使っているテーマはArras Themeですが、このテーマは

WordPress3.3になってからプラグインのインストール時にエラーがが

多く発生しています。又、このテーマではfunctions.phpでのエラーが多いと感じます。

その不具合もあり、テーマを変える必要があります。

フリーのテーマでは、関数エラーのサポートは期待できませんし、

(有料でも無制限のカスタマイズは出来ませんが)

自分でカスタマイズしつつ、安全性も欲しいということで

有料の賢威テンプレートを購入することにしました。

説明書を見ると、ホームページ用に出来ていますのでブログタイプでは

(マガジンタイプ)使えないかもしれませんが、やむを得ない選択だと思っています。

トップから各記事への関連付けが手動のようですから、

都度テキストエディタでの訂正が必要だと思います。

仕様ですのでしょうがありませんが、試してみたいと思います。

この扱いも記事にしてみたいと考えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

賢威5.0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ブログの表示表示方式をいろいろ探してWordpressにたどり着きました。自分の苦労した経緯を紹介しますのですこしでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月3日日曜日 13:44:08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)