Wordpressカスタマイズ日記 > Wordpress本体 > WordPressのメジャーバージョンアップには
Wordpress本体

WordPressのメジャーバージョンアップには

WordPressのダッシュボード/更新のお知らせのコメントでは

新しいバージョン3.2がUS版で出たと表示されています。

それに伴い現在のPHPのバージョン5.1.6を5.2.4以降に上げる必要を促されました。

レンタルサーバーはXサーバーを使っていますのでサーバーパネルから

5.1.6 → 5.3.3にバージョンアップしました。

実際に運用しているサイトで、いきなりエラーになると困りますので

念のためにUS版を同じ環境のテストサイトにインストールしてみたところ

何かのエラーのためか、空白になって全く表示されません。

US版はどうやら鬼門のようです。

日本語ローカライズ版がでてからテストサイトでは入れ替えたいと思います。

どんなアプリケーション、OSでもいきなり更新すると

関連したアプリケーション等と不具合を起こす事が有ります。

ある程度こなれるのを待ってから更新するのが賢明かと思います。

このWordpressのバージョンアップでも、インストールされている

プラグインとの関係ではなにかと不具合を起こす事が予想されますが

新規の機能を試してみたい事も有りますので

日本語ローカライズ版の登場を待ってみたいと思います。

WordPressのメジャーバージョンアップは以前からアナウンスされていると思いますので

関連したプラグインの制作者はこちらにあわせてバージョンアップしてくるでしょうから

プラグインのバージョンアップを都度行って、正しく動くように対応したいと思います。

WordPressを使っているサイトでは、Wordpress本体、PHP、MySQLと

三つのバージョンも都度上げて行かなければなりません。

WordPress、PHPのバージョンをあげましたので、いずれMySQLの番になるわけです。

MySQLのメジャーバージョンアップでは、他の二つのように

更新ボタンを押すだけで済みませんから、この点で頭が痛いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Wordpress

About 1q3

ブログの表示表示方式をいろいろ探してWordpressにたどり着きました。自分の苦労した経緯を紹介しますのですこしでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2013年11月3日日曜日 13:01:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)