Wordpressカスタマイズ日記 > Wordpress本体 > SEO > SEO対策 WordPress SEO by Yoastからの注意されたこと
SEO

SEO対策 WordPress SEO by Yoastからの注意されたこと

WordPress SEO by Yoastからパーマリンクの事で注意を受けました。

──────────注意1

You do not have your postname in the URL of your posts and pages,

it is highly recommended that you do. Consider setting your permalink

structure to /%postname%/.

──────────英語訳

あなたはポストとページのURLにポスト名前を持っていません。

あなたが行うことは高く勧められます。

あなたのパーマリンク構造を/%postname%/にセットすることを考慮してください。

──────────注意2

Paging comments is enabled, this is not needed in 999 out of 1000 cases,

so the suggestion is to disable it, to do that, simply uncheck the box

before “Break comments into pages…”

──────────英語訳

コメントにページをつけることは可能になります、

これは1000のケースのうちの999のケースに必要ではありません、

したがって、その暗示はそれをするためにそれを不能にすることです、

単に以前に箱をuncheckする「ページへコメントをブレークしてください」…

──────────日本語URLの件では

WordPressのパーマリンクはどの形がベストなのか

URLを日本語にする時のメリットは、検索結果にURL部分が日本語で表示される事です。

これによってSEO効果が高まるという話や、クリック率が高まるという話がありますが、

私は懐疑的だと思っています。

ということに同意しますので、英数字のパーマリンクを使っています。

自分の場合は、すべての記事のパーマリンクを、

サイトURL/yyyy/mm/dd/カテゴリー/記事ID/にしています。

http://kajiwara-blog.com/2013/01/18/computer/13004/など。

日本語のポストネームにパーマリンクをしてしまうと、

URLを張り付けた時に%をふくむ長ったらしいURLに変換されるときがあります。

また、この順番にしているのは、パーマリンクでカスタム構造を指定し、

サイトネームと日付とカテゴリーでパーマリンクが構成されていますから

自分にとってどの記事のURLかがわかりやすくするためでもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Wordpress

About 1q3

ブログの表示表示方式をいろいろ探してWordpressにたどり着きました。自分の苦労した経緯を紹介しますのですこしでも参考になれば幸いです。

最終更新日 2014年7月10日木曜日 09:11:59

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)